活性酸素が加齢臭のもと

加齢臭の対策と予防

加齢臭の原因にはいろいろな要因がありますが、活性酸素もその一つなのだとか。活性酸素とは何でしょうか。

加齢臭TOP > 活性酸素が加齢臭のもと

加齢臭と活性酸素の関係

活性酸素という言葉は聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし、活性酸素と加齢臭はあまり結びつかないのではないでしょうか。

加齢臭の原因となるノネナールは過酸化物質と脂肪酸から作られますが、過酸化物質は活性酸素と一緒に増えてしまうのです。

そのため、活性酸素と加齢臭は深い関係にあると言えるでしょう。

活性酸素が増える原因

活性酸素が増えなければ、加齢臭の原因となるノネナールも作りにくくなるということ。

そうなると、活性酸素はできれば増やしたくありませんよね。

では、活性酸素が増える原因には何があるのでしょうか。

ストレスと活性酸素

活性酸素が増える原因として、ストレスが挙げられます。

ストレスから胃をやられてしまった、なんて話は良く聞きますが、その原因は活性酸素だと言われています。

ストレスを感じると血管の収縮が強くなり、多くの活性酸素を発生させてしまう原因となるのです。

運動で活性酸素発生

適度な運動は健康維持にも大切なのですが、激しすぎる運動は逆に活性酸素を発生させる原因となってしまいます。

激しい運動をすると一時的にではありますが筋肉が虚血状態になります。

すると、血流が再び再開した際にストレスを感じた時に同じような血管の収縮が起こり活性酸素を増やす原因となります。

喫煙や飲酒も活性酸素の原因

たばこに含まれているタールやニコチンなどは発がん物質としてもよく知られています。

実はタールやニコチンなどには活性酸素である過酸化水素も一緒に含まれているのです。

ビタミンCも壊してしまうため、活性酸素が増えやすくなります。

また、アルコールも活性酸素と関係があり、アルコールを体内で分解する際に活性酸素が発生してしまいます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  加齢臭の対策と予防 All Rights Reserved.