加齢臭の原因

加齢臭の対策と予防

加齢臭に悩んでいる男性は意外に多いようです。ここでは加齢臭の原因についてご紹介しています。

加齢臭TOP > 加齢臭の原因

加齢臭の元はノネナール

中年男性に起こりやすい加齢臭は独特の匂いがするため、気にしている男性が多いようです。

気になる加齢臭の原因は、ノネナールという不飽和アルデヒドの一種です。ノネナールは、皮脂腺に存在するパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結合することによって生まれる物質です

ノネナールは皮脂腺にある脂肪酸と動物性脂肪などの酸化物質が原因で作られます。

ノネナールは加齢によって発生しやすいと言われていて、若い人にはあまり見られない物質です。

加齢臭が中年男性に多い理由

中年男性に加齢臭が目立つ原因には過酸化物質が多くなることが原因だと言われています。

40代を過ぎると過酸化物質と共にパルミトオレイン酸という物質が増えるため、加齢臭が発生しやすい状態になります。

ただ、パルミトオレイン酸は脳の健康のためには欠かせない成分なので、必ずしも体に悪いわけではありません

また、加齢臭というと思い浮かぶのはどうしても中年男性ですが、実は女性にも加齢臭はあるので、必ずしも男性だけのものとは言えないようです。

加齢臭と食生活の関係

男性は中年になれば誰でも加齢臭が出てしまうものだと思っている人は多いでしょう。

実は加齢臭の原因として食生活の変化が関わっています。

もともと日本人は体臭が少ない民族でしたが、食生活が欧米化し、乳製品や肉を大量に摂取するようになったため、体臭が発生しやすい体質に変化してしまったのです。

加齢臭が気になり始めた方は、和食を中心とした日本人の食生活を意識し、加齢臭の原因を増やさないよう注意する必要があります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  加齢臭の対策と予防 All Rights Reserved.