動物性脂肪の抑制

加齢臭の対策と予防

動物性脂肪と加齢臭は関係があります。ここでは動物性脂肪が加齢臭にどのように影響するのかをご紹介します。

加齢臭TOP > 動物性脂肪の抑制

動物性脂肪とは

動物性脂肪とは、牛や豚などの動物からとれる油のことです。

動物性脂肪は飽和脂肪酸という成分を大量に含んでおり、高温でないと溶けないため、体内に入ると固まりやすい性質があります。

そのうえ、コレステロール中性脂肪を増やす作用があり、摂りすぎると動脈硬化の原因になるのです。

摂りすぎに注意が必要な動物性脂肪は、加齢臭にも関係しています。

動物性脂肪と加齢臭の関係

加齢臭などの体臭の原因に動物性脂肪の摂取があります。

動物性脂肪を大量に摂取すると、皮脂腺から脂質が多く分泌され、加齢臭のもととなるノネナール発生の原因となります。

現在の日本は食の欧米化が進み、肉や乳製品などの動物性脂肪を食べることが多くなったため、加齢臭を強く発する傾向にあります。

加齢臭の対策として、動物性脂肪の食品を食べ過ぎないようにすることが肝心です。

動物性脂肪を多く含む食べ物

動物性脂肪を多く含む食べ物として、バターやチーズ、生クリーム、チョコレート、肉の脂身などが挙げられます。

動物性脂肪は貧血予防や体内では作れない必須アミノ酸などの必要な栄養素も多く含んでいます。

動物性脂肪は決して体に害があるわけではなく、摂り過ぎないように注意をしていれば問題はないのです。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  加齢臭の対策と予防 All Rights Reserved.